Java

MuninでTomcatのモニタリング

1455647583283

はじめに

MuninでTomcatをモニタリングします。
MuninやTomcatはすでにインストールされている前提で、
Tomcat側の受け入れ設定とMunin側の監視設定をします。

Tomcat本体の設定は、過去の記事の通りで、
Muninはポート8080を経由してTomcat側のデータを取得します。

環境

  • CentOS Linux release 7.2
  • JDK 1.8.0_74
  • Tomcat 8.0.32
  • munin-node 2.0.25

手順

Tomcat側にユーザ・ユーザ権限の追加

$ vi $TOMCAT_HOME/conf/tomcat-users.xml

$TOMCAT_HOME/conf/tomcat-users.xml

<tomcat-users...>
  (省略)
  # 追記
  <role rolename="manager-status"/>
  <user username="munin" password="munin" roles="manager-status"/>
</tomcat-users>

Tomcatを再起動し、監視用のI/Fにアクセスできるか確認します。

$ curl --user munin:munin http://localhost:8080/manager/status?XML=true
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?><?xml-stylesheet type="text/xsl" href="/manager/xform.xsl" ?>
<status><jvm><memory free='112838232' total='261750784' max='261750784'/>(省略)</status>

Muninの監視用プラグイン等のインストール・配置

$ yum install munin-java-plugins
$ ln -s /usr/share/munin/plugins/tomcat_access /etc/munin/plugins/
$ ln -s /usr/share/munin/plugins/tomcat_jvm /etc/munin/plugins/
$ ln -s /usr/share/munin/plugins/tomcat_threads /etc/munin/plugins/
$ ln -s /usr/share/munin/plugins/tomcat_volume /etc/munin/plugins/
$ yum install perl-XML-Simple

MuninのTomcat監視設定

$ vi /etc/munin/plugin-conf.d/munin-node

/etc/munin/plugin-conf.d/munin-node

# 設定ファイル追記
[tomcat*]
env.host      localhost
env.port      8080
env.request   /manager/status?XML=true
env.user      munin
env.password  munin
env.timeout   30
env.connector "http-nio-8080"

Muninの設定反映・再起動(必要に応じて)

$ munin-node-configure --shell | sh -x
$ systemctl restart munin-node

動作確認

次回以降のグラフ生成のタイミングでTomcatのグラフが生成されていることを確認します。
1455647583283.jpg

Webツールも公開しています。
Web便利ツール@ツールタロウ

スポンサーリンク